名刺印刷の発注システムの仕組み

名刺印刷の発注システムの仕組みについて詳しく解説します

名刺印刷の発注システムを解説します

名刺はビジネスの現場でなくてはならないアイテムです。特に人と会い、話をして、ビジネスをまとめ上げていく過程では挨拶の際の名刺交換は欠かせないもの。もちろんただそれだけではなく、名刺は相手に対して自分自身をいつも瞬時に思い出してもらうためのリマインダーとしての役目も果たすものです。このように極めて大切なアイテムなのですから、名刺印刷においても決して妥協のない制作が必要なのは言うまでもありません。かつては会社と付き合いのある印刷会社に発注して作成するのが一般的でしたが、最近は自分のパソコンから簡単に発注できるのが嬉しいところ。多くの知識を持ち合わせていなくても素人でも手軽にデザインして注文できるそのシステムは具体的にどのようなものなのでしょうか。

発注システムを使えば画面を見ながら手軽にカスタマイズ

名刺印刷の発注システムはとても簡単です。とりわけ近年ではインターネットを使って名刺印刷できることから、都市部に立地していない印刷会社にも多くの注文以来が殺到する状態が続いています。まずは公式サイトにアクセスしてデザイン画面を立ち上げ、あとは自分の好みに合わせてデザインやフォント、記載内容などの細かな情報を入力していくだけです。発注システムの良さと言えば、これらの作成内容をつぶさにパソコン画面上でチェックでき、カスタマイズしていくことができる点にあるでしょう。最終的なデザインが完了するとそれを先方に提出。まずは数日後に実際にそれらの記載内容を当てはめて作成された校正画像が届きますのでそれらを確認後、印刷枚数と値段の確認などを行った上でそれで了承出来たならば最終的な依頼を行います。

画面での確認だけでなく実際の試作品を送ってもらうことも可能

しかし、ここで気をつけなければならないのは、パソコンの画面で見るデザインと実際に印刷して完成した名刺とでも発色や手触り、光沢、質感などの面で当初の印象と異なることがあるということです。こう言ったことが原因で、せっかく期待していた仕上がりにてがっかりしてしまう人も少なくありません。そこで失敗を防ぐために利用したいのが実際にサンプル品を製作してもらい、それを受け取って納得した上で制作続行かどうかを決めるというものです。これはやり取りに一手間かかるように見えますが、確認作業を一つ加えることでより安心して業者に作業を委ねることが可能となります。そのため、例えば会社の社員全員の名刺制作を手掛ける担当者は社内のクレームが出ないためにも、まずは一旦それぞれの確認してもらってから最終判断を行うという流れを持つことでむしろ流れがスムーズにいくことでしょう。

名刺のWEB発注システムの先駆けとして2002年より開発、現在では3000社以上の取引実績! 安心のグループ合計6,000社以上の取引実績!承認時には前回の発注データとの差異を一目で確認することが可能な為、ミスの軽減に繋がります。 池袋の為、名刺のご相談も直ちに駆けつけます。 各企業ごとの運用・要望に合わせてカスタマイズを行い名刺発注業務の軽減をサポート致します。 名刺印刷も発注システムでコストカット