名刺印刷の発注システムの仕組み

名刺印刷の発注システムの仕組みについて詳しく解説します

名刺印刷の発注システムを上手に利用しよう

営業に出ている人にとって名刺は新規開拓の時には必須のアイテムですし、既存顧客などの場合も、初めて会う人に名前を憶えて貰うためには名刺は欠かせない存在です。利用頻度にもよりますが、名刺は残りが少なくなった段階で発注しておかないと名刺切れになってしまい、営業活動が出来なくなるケースも出て来ます。従来は、印刷会社に依頼をして名刺を頼むケースが主流で、名刺が完成する前には数日間を要していました。そのため、残りが少なくなった段階で早めに注文をしておかないと名刺がゼロになってしまうケースもあるわけです。現在では、発注システムを利用する事で各従業員が名刺の注文を行い、短期間で名刺印刷が行われるので名刺の残り枚数が少なくなった段階でも安心出来るようになっています。

名刺が出来るまでの工程についてご紹介

名刺が出来るまえには、幾つかの工程が必要です。一般的な名刺印刷の場合、名刺の版下を製作する必要がありますが、版下は元版となるもので、現在ではパソコンと専用ソフトウェアを使い名刺の版下を製作する事が出来るようになっています。但し、名刺サイズの印刷機はないので、一度に20枚などの名刺を印刷するための版下を製作しておく必要があります。名刺は100枚が1セットになっているものが多いので、20枚の名刺を印刷する場合は5枚の用紙に名刺を印刷するか、20名分の名刺を1枚の用紙に印刷を行い、それを100部印刷するなどで対応して貰えます。但し、印刷部数は多くなるほど単価が安くなるので、1度に100部を印刷した方が名刺のコストとしては安くなるなどのメリットを持ちます。

発注システムを使えばいつでも注文が可能

一般的な名刺印刷の場合、事前に印刷の依頼をしておかないと対応して貰えないケースが多くあります。印刷機は毎日のスケジュールの中で、何を印刷するのかが決められているため、スケジュールに合わせて名刺の印刷が出来るようになります。その点、発注システムは普段使用しているパソコンを使い、サイトにアクセスを行えるため、会社の中で窓口になる人にお願いをしなくても良い、発注後に上長などが承諾を行えばすぐに発注が完了になり、即日印刷を依頼出来るようになっています。しかも、各従業員が個別に発注をしても、まとめて発注をしてもコストは変わりませんので、名刺にかかる経費の削減にも繋がりますし、発注システムの場合は過去の発注履歴などの記録が残るので管理者が名刺印刷の管理をする時にも便利です。

Theme by Anders Norén