名刺印刷の発注システムの仕組み

名刺印刷の発注システムの仕組みについて詳しく解説します

名刺印刷はこんな発注システムがあります

ビジネスにおける初対面の場では名刺の交換が欠かせないものです。名刺はその人の顔でもあり、自己アピールでもありますから、必要な連絡先情報や自分の肩書きを盛り込むのと同時に、華美になりすぎないデザインながらもしっかりと相手の印象に刻まれるものでなければなりません。従来ならば付き合いのある印刷業者を通じて名刺印刷を依頼することも多かったものの、最近ではおsの発注システムにも大きな変化が見られます。特に近場の印刷会社でなくてもネットを使って発注をかけると日本全国の会社で請け負ってくれて、完成品に関してもスピーディーに送付してもらうことができます。さらに一度に大量の名刺を発注しなくても、そのデータが残っていれば必要な時に必要な枚数だけをつか印刷して送ってもらうことも可能。こうして在庫を増やすことなくやり取りを続けることができるのです。それでは具体的にはその発注システムはどのようになっているのでしょうか。

ネットからの申し込みで簡単にやり取りができる名刺印刷

名刺印刷をめぐる状況はネットを使った発注システムの登場によって大きく変わりました。まずは自分が依頼したい会社を見つけてその公式サイトにアクセス。そこで用途やサイズ、デザインなどをテンプレートの中から選択し、さらに文字のフォントなどを絵r部ことも可能です。こうして盛り込むべき項目を全て記載した上で最終的な発注をかけることになります。嬉しいことに先方の印刷会社ではこの注文を受けるとそのまますぐに印刷はかけずに、最終的なゲラを作成してメール添付などでフィードバックしてくれると同時に、料金や枚数に関してもしっかりと説明してもらうことができます。これを校正したり、修正点を連絡することでこの時点でもまだデザインや内容を変えることは可能です。こうして最終的に納得のいくものが完成した上で印刷へと進むことができるのです。

オリジナルのデザインやサンプル送付などにも対応可能

このようにネットの発注システムを使えば間違いのない形で満足度の高い名刺を作成することができます。ただし、中にはこれらのテンプレートだけでは物足りなく、オリジナルのものを重視する人もいるでしょう。そんな時は手書きのラフデザインや盛り込みたい画像などを先方に送ることで所属のデザイナーがデザイン案を作成してくれる場合もあります。これと同様にロゴなどを提案してもらえる場合もあるので、パソコンのデザインソフトを使いこなせなくても大いに安心です。また、仕上がりの面で不安が残る場合には、あらかじめ試作したものを送ってもらい、その色味や手触りなどを確かめた上で最終的な判断を行うことも可能です。このようにデジタルなやり取りだけでなく、アナログなやり取りも組み合わせることで互いに意思疎通も完璧となり、高いコストパフォーマンスと満足度を共に得ることができるでしょう。

Theme by Anders Norén