名刺印刷の発注システムの仕組み

名刺印刷の発注システムの仕組みについて詳しく解説します

名刺印刷をするのに知っておきたい発注システム

営業マンにとって名刺が切れてしまうのは営業が出来なくなる事でもあり、残り少なくなった場合は総務部などに名刺の手配を早めに行う事が必須と言えましょう。名刺の手配を受けた総務部担当者は、いつもお願いをしている印刷会社に名刺の注文をする事になりますが、名刺印刷は大きな用紙に20枚などの名刺を一度に印刷を行ってから断裁をするため、一人分の名刺を製作する場合、印刷コストが割高になってしまいます。一般的には数名の名刺を同時に発注する事で印刷コストが安くなるのですが、単発での発注は経費を多く使う事になってしまいます。しかしながら、発注システムを使う事で従業員がそれぞれシステムを使って発注が出来る上、オンデマンド印刷で名刺が作る事が出来るため、名刺の単価が安くなる、納期が短くなるなどのメリットに繋がります。

名刺はどのようにして製作しているのかご存知でしょうか

名刺はA2サイズなどの大きな用紙に印刷が行われるのが特徴です。一度に多くの名刺を印刷すれば、印刷のコストも安くなるからなのです。例えば、A2サイズの用紙に20名分の名刺が印刷出来るとした場合、100枚の名刺を印刷するためには100部の印刷を行えば良いのです。しかし、一度に注文する名刺の数が2名分の場合は、1枚の用紙に10枚ずつの名刺の印刷が行われるため、印刷部数としては10部になります。印刷のコストは部数が多くなればなるほど単価が安くなるので、20名分の名刺を印刷した方が単価は安くなります。発注システムによる名刺印刷では刷版が要らないオンデマンド印刷で行われるので、部数が少ないほどコストは安くなるため、従業員がそれぞれシステムを使って発注を行っても名刺の単価が変わらないのです。

名刺印刷の発注システムを使った発注の流れとは?

名刺印刷の発注システムとは、インターネットを使って印刷の発注を行えるシステムです。従業員が普段使っているパソコンから専用サイトにアクセスをする、サイト内では名刺作成依頼手続きで注文申請を行います。上長が承認処理を行うと、名刺の発注が行われ数日後には手元に名刺が届くシステムです。会社の中で使う名刺はフォーマットが決まっているため、各従業員が氏名や部署名、役職などの情報をシステム上で入力を行えばすぐに発注が出来る便利さがあります。通常は、印刷会社に依頼をして発注をするなどの手間が必要になりますが、システムを使えば名刺が残り少なくなった段階で各自が注文するので専門の担当者が印刷会社に連絡をするなどの業務が要らなくなります。また、オンデマンド印刷で行われるので短期間で名刺が手元に届くなどのメリットもあります。

Theme by Anders Norén